野菜づくりと地球とわたしたち
健康で幸せな暮らしのためにM-easyは新世代の農業スタイルをご提案します。
http://www.m-easy.co.jp

常滑市で無農薬栽培に挑戦中!安心して食べられる、とびきりおいしい食を届けていきたいです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ご訪問ありがとうございます
■株式会社M-easy
http://www.m-easy.co.jp

■メール
info@m-easy.co.jp
カテゴリ
たけうちのささやき
以前の記事
2013年 01月
2012年 06月
2012年 05月
more...
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
花盛り
おはようございます 携帯に音楽を入れる方法を覚えてご機嫌な福蔵寺の春です

ただいま惣田の畑は花だらけです・・・といっても昨日ですけど 
今は雷雨です だからブログを更新中

a0041642_8113382.jpg


さて どれがどの花か分かりますか?

正解は下のほうに書いておきます

More
[PR]
# by m-easy | 2010-09-23 08:18
ついこの間まで暑かったのに 台風がすぎてから急に秋らしくなってきた気がします 福蔵寺の春です
さっきまでひどい雨が降っていましたがそれも止み 涼しいというよりも冷たい風が吹いています

今は秋作の季節です
ハクサイやシュンギク ダイコンなどのお鍋の具 イチゴやソラマメ ニンニクなど来春を目指すもので大忙し

今日は惣田の畑で草刈をしてからようやく芽生えたホウレンソウに水をやっていました・・・・・・










そこに雨





¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ 
 ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦
¦ ¦ ¦ ¦ OTL ¦ ¦ ¦ 

[PR]
# by m-easy | 2010-09-13 10:53
生産計画
どれをどれだけどうやって?
ただいま生産計画中の福蔵寺の春です
エクセルと向かい続けて3日間
正直しばらくは数字を見たくありません

けどまだ終わらない・・・
このブログを見たメンバーは至急
希望作物名と数
をメールか直接かで教えてください


以上
[PR]
# by m-easy | 2010-08-25 19:31
石窯づくり
みなさん いかがお過ごしですか? 16日~18日の男です 

今日は2010年度わくわく事業の石窯づくり事業の途中経過をお伝えします
今後石窯づくりを始める方に参考になるように重要なポイントも押さえてあります
ちなみに石窯づくり事業での肩書きは「火を囲む会 庶務」です


建設予定地である豊田市旭地区(旧東加茂郡旭町)の敷島自治区東萩平公民館の敷地の使用許可を地主で豊田市内にお住まいのタローさんからいただきました。いつもお世話になっている近所のユキオさんに同行していただき交渉してきましたが奥様がパン作りなどに興味を持っておられたことも交渉が成立したポイントの一つだと思います。

女性はパン作りが好き 奥様を味方につける

土地使用許可をいただいた後、火を囲む会のシバ会長に瀬戸までレンガの買い付けに行ってもらいました。
どうして瀬戸かというとここに美州耐火工業所という会社があり耐火煉瓦を割安で提供してくださるという情報を入手したからです。
情報源は同じ敷島自治区の杉本から榊野へ向かう右手にある「れんげ草」という隠れ家的な喫茶店?のご主人シンゴさんの紹介です。シンゴさんは今までいくつか石窯を作った経験があり今回もいろいろアドバイスをいただいています。我々の師匠と呼べる存在です。
その師匠から紹介していただいたのが美州耐火工業所です。今回石窯を作る「火を囲む会」のメンバーは全員石窯づくりが始めてなので、レンガの加工までは出来ないと判断してあらかじめ加工してあるレンガを用意
していただきました。注文したレンガを当日に引き取ってくる予定でしたがトラブルで引き取れなくなったため、後日タニグチ社長自ら従業員の方2名とレンガを運んできてくださりました。

ちなみに購入したレンガとモルタルは

・耐火レンガ=230個
・Y-2レンガ=70個
・長2丁レンガ=30個
・せり受レンガ=10個
・耐火モルタル=4袋


です
これで石窯1つぶんの材料です


その後整地
(1人で2時間)
をして


コンクリートブロックとセメントで基礎
(2人で2時間)
を打ちました


その後雨が降っても作業できるように簡易式の屋根
(1人で3時間)
をつけました。
当初は猛暑日にも作業できるように全天候型の作業場になるように屋根をブルーシート
にしようと思いましたが景観を壊すので半透明の白いシートにしました。

地域のお祭りまでには完成させて欲しいと地域の余興団のマサオさんからの
要望があったので
完成目標は9月中旬
です

また報告します
[PR]
# by m-easy | 2010-08-18 23:59
収穫祭@福蔵寺のご案内
収穫祭のご案内です。


収 穫 祭

自然の恵みを感じよう
バーベキュー&プライナスライブ


☆ゲスト☆
プライナスPrinus
愛知県出身のバンド。スーパーの野菜売り場でときどき耳にする「やさいのうた」は彼らの持ち歌です。


☆プログラム☆
9:30~9:40  来客者に内容の説明
9:40~10:30やさいの収穫
 炭火熾し、パン生地作り
11:00~12:00プライナスライブ@福蔵寺・本堂
12:00~バーベキューなど
13:00~プライナスライブ@福蔵寺・本堂


☆日時:平成22年8月8日 午前9時~午後2時
☆場所:豊田市太田町蟹田6 福蔵寺
☆定員:40名
☆参加費  :大人2,000円
 大学生1,000円
 小人500円
☆持ち物   :収穫バサミ、汚れてよい服、帽子、軍手、靴、着替え、
タオル、飲料
☆申込先  :豊田市太田町蟹田6 福蔵寺
 TEL&FAX 0565-68-3025
 お名前、電話番号、参加人数
[PR]
# by m-easy | 2010-07-24 09:34
16~18日の男の農業マニフェスト
お久しぶりです 16日~18日の男です

先日の講話で話した内容のまとめを掲載しておきます
 

2010年 私の農業マニフェスト
             by 16日~18日の男

昨年9月からプロジェクトに参加させていただいて以来10ヶ月半が経ちました。この10ヶ月間を振り返ってみますと地域の方々および行政の担当者の皆さん、農地の地主さんなど私たちのプロジェクトを応援してくださる多くの方々には本当にたくさんのご支援をいただいております。本来なら支援者の皆様ひとりひとりにお礼の挨拶をしなければならないところですが今日のこの場をお借りし、プロジェクトのメンバー全員を代表してお礼申し上げます。ありがとうございます。
ところで皆さん先日行われた参議院選挙をどのように感じられたでしょうか。各党から立派な公約いわゆるマニフェストが発表されましたが最近では選挙のたびに人気取りのためだけのマニフェストが多く、またそれらが実現する前に代表が交代してしまうということが頻発しています。ただわかりやすい目標を掲げるためにマニフェストを発表すること自体は多くの人に何をしたいか知らせる有効な手段であると思いますので、今回は私も2010年私の農業マニフェストというテーマで今年中に取り組むべき2つの事柄について、お話ししたいと思います。
マニフェスト発表の前にみなさんは安心・安全で栄養価が高くおいしい極上の野菜づくりには何が必要だと思われますか。私は昨年9月以来日々の農作業だけでなくプロジェクトのメンバーや近所の方々との会話、それに毎月ここ福蔵寺で行われている各界の第一人者の先生方による講話からヒントを得て、ひとつは極上の農地すなわち土壌ともうひとつは極上の苗だという仮説に達しました。もちろん農業が日照時間や降水量ほか様々な気象状況に左右されることは承知の上ですが旭地区で農業を続けるという前提なのでそれらの問題は今日の講話ではあまり考慮せずに今日は話をさせていただきます。農業経験者の方からすれば、たった10ヶ月あまりで農業の何が分かると思われるかもしれませんが、昨年9月から自分なりに新しい農業を考えたい、また、日本の農業特に中山間地の農業を変えたいという真摯な思いで過ごしてきたつもりなので最後までおつきあいください。
それではまず一つ目のマニフェストを発表します。それは斜面農法です。我々が今住んでいる旭地区をはじめ中山間地域と言われているところは斜面が多いのが特徴ですが山の斜面を利用した野菜作りは書籍やインターネットで調べてみても商業的に成功している例はごくわずかしかありません。一般的に斜面の利用方法は果樹栽培かあるいは杉や檜が植林されている程度です。その針葉樹も外国から安い建材が輸入されているため、国産の建材の低価格化を招き、切り出し運搬するだけで赤字になり植林したものの放置されたままになっていることは皆さんご承知のこと思います。斜面農法が確立されれば斜面の多い中山間地域は今まで以上に価値のある土地になることでしょう。そのためにも今年中にある程度、斜面の有効利用を成功させたいと考えています。 
それでは斜面での野菜栽培についてもう少し具体的に説明します。まず斜面で野菜を栽培するメリットとデメリットについてまとめてあります。資料をご覧ください。まずメリットの一つ目、長年の間腐葉土が堆積しているため土壌が肥えており放線菌も多いことです。ですから最低限の施肥だけでよい。また腐葉土が堆積しているためマルチの役割を果たし雑草が少なく乾燥しにくい環境を提供してくれます。乾燥しにくいということは供給する水の量も少なくてすみ沢水をうまく取り入れれば水遣りの頻度は少なくてすみます。それだけ日本の中山間地域は降水量に恵まれています。2つ目、これは自分が4月から観察して気づいたことですが山の斜面は平地の畑と比較して害虫が少ない、もしくは害虫の発生が遅いことです。ソラマメで実験しましたがわずか数メートルの高低差で平地と斜面ではアブラムシの発生が1ヶ月ほど遅かったです。ただ斜面の上に畑がある場合このように都合よくはいかないと思いますので斜面選びは今後の重要な課題として残ります。3つ目ですが人間と一緒で倒れないよう踏ん張ることで根が強くなることです。根が張ることで養分、水分の吸収が良くなり結果的にはおいしい野菜ができると思います。思いますというのは斜面農法の実験を始めたのが今年の4月なのでまだ収穫できた野菜がありません。ですから断定できませんが個人的には根が強いことはおいしい野菜作りの条件のひとつだと思っています。
続きましてデメリットについてもお話させていただきます。斜面農法を提唱してからいろいろな方々に意見を求めたところ、まず多くの方が指摘されることは急斜面では作業がしづらいということです。確かに通常平地において2本足で生活している我々にはカモシカのように自由に急斜面を移動できませんし、農機具を持っての農作業となれば決して楽なものではなりません。また重い収穫物を持っての移動は登山をされた方ならお気づきのことと思いますが大変危険で困難です。もうひとつのデメリットが雑草の刈りにくさや畑への竹の侵入などです。雑草は落ち葉や黒マルチである程度抑えることができますが竹の侵入を防ぐことは難しいと思われています。ほかにも障害となることはいくつかありますが以上が斜面を農地化する際の大きなデメリットであるという意見をいただきました。以上のことを踏まえて私が提唱するのは斜面育苗です。斜面で作物を育てるという従来の斜面農法ではなく斜面で苗を育てるということに絞り込むことでいくつかのデメリットを克服できるのではないかと考えました。まず苗にする前の種ならば軽いので持ち運びが楽であること、また重力を利用することで運搬を楽に行えることができます。苗ですので肥料もそれほど大量には必要としません。育苗スペースの上に沢水などの水源を確保することで動力がなくてもサイフォンの原理で水を供給することができます。竹の侵入に関していえば目黒式という竹の根をコントロールする技術を応用します。うまくコントロールできれば生えてきた竹を育苗ハウスやトンネルの支柱として利用することも不可能ではありません。むしろ強度のことを考えると生えている竹を支柱に利用することで頑強なものを作ることができます。竹の根が成長する時期は収穫時期の終了した秋からということなので
旭地区の農閑期にあたり労力を要すると言われる目黒式竹コントロール法も農作業に影響なく行うことができるのではないでしょうか。
2つ目のマニフェストはテラプレタづくりです。プロジェクトメンバーの間では何度か耳にした言葉なので説明する必要はないと思いますがご来場の方の中にはテラプレタという言葉を聞いたことがないという方もお見えになると思いますのでテラプレタというものを簡単にご説明いたします。テラプレタというのは南米のアマゾンにある非常に肥えた土のことで、1000年以上前に作られたにも関わらず、未だに肥料を与えなくても作物が良く育つ土のことです。「インディオの黒い土」と呼ばれるように自然環境が作り出したものではなくアマゾンの先住民が人為的に作り出したと言われています。では同じように作ればいいとおっしゃる方がいるかもしれませんが、何十名かの研究者が調査していますが、いつ誰がどのように作ったか未だ解明されていません。ただわかっていることはこの土の中には炭素成分が非常に多く含まれていることです。実は土に炭が多く含まれていると作物の生育がよいということを、自分の目で確かめるまで半信半疑でした。しかし今はそう確信しています。写真をご覧ください。これは我々が東萩平で栽培しているジャガイモの画像です。周りに比べて異様に大きく育っている場所があるのがお分かりでしょうか。今年の4月上旬の同じ日に同じ人が同じ種芋を同じ条件で植えましたがこのように成長に大きな差が生じています。自分の解釈では炭の保水力のためこの周りだけいつも湿っていることと炭で土壌の色が黒いので日光を周りより多く吸収しているのだろうと想像できます。今日はサンプルとして収穫したジャガイモを持ってきたので比べてみてください。こちらが普通の土壌のものでこちらが炭が大量に入った土壌のものです。今後はジャガイモだけでなくいろいろな作物で様々な実験をして多くのデータを取っていきたいと思います。
それでは野菜を大きくするためには土に炭を混ぜればいいのではないかとお考えになる方がいるかもしれません。しかし炭自体には窒素などの養分は含まれていません。土と炭を混ぜるだけではただの黒い土になってしまいテラプレタとは呼べません。アマゾンの原住民が何か特別なものを配合したはずです。馬や船くらいしか輸送手段のない時代に数千キロも離れた場所から輸送するとは考えられないので単純に考えればおそらくアマゾン川流域で自然に採れるものだと考えられます。ただ私のマニフェストはそれが何かを見つけることではありません。この旭地区で手に入るもので同じような効果が出るものを見つけることです。現時点では容易に入手できるものは米ヌカであり落ち葉であり竹です。ただし竹はそのまま使うのではなくパウダー状にすることでより効果的な肥料となります。また昔から日本だけでなく世界中で行われている焼土も効果が実証されているから行われているものです。窒素の供給源では鶏糞をはじめとした家畜糞も同様に実証されていますしアマゾンの原住民も家畜を飼っていたはずなのでそういうものは積極的に利用していきたいと考えています。また最近では有機物を分解する微生物力が注目されているのでそれも取り入れていきたいです。このように旭地区で手に入るものをいろいろ組み合わせ配合してここ福蔵寺から
寺プレタ®」というブランド化した土壌を全国に発信したいと思います。
今までの話をまとめて私が理想とする農地の10年後の完成予想図を作ってみましたのでお須原山の山頂から眺めている気分でご覧ください。地形が笹戸カントリークラブに似ていますが、笹戸カントリーファーム(SCF)です。ここに農地全体を一望できる私の住居があります。貯水池は暑い日はプールとしても機能します。その家の周りをウコッケイ、ヤギ、ウマなど家畜がえさとなる雑草を食べるため走り回ります。当然糞は雨に流され斜面の作物に窒素を供給します。悪臭対策として糞には10倍の光合成細菌をかけるのでそれほど気になりませんし光合成細菌は作物の生育にも良い効果を発揮します。彼ら家畜はイノシシなどの防獣対策としても機能してくれるでしょう。ガレージで害虫や病気に対抗できるだけの大きさに育てた苗は斜面育苗ハウスへ移動させます。立派に育った苗はプロジェクトのメンバーが担当する各畑へ旅立って行きます。これは10年後の今日33歳の誕生日を迎える志波農園(通称5番ホール)行きです。志波農園から出荷された極上野菜は自動運転のカートで行列のできるレストラン Chez MANOに出荷されます。もう一箇所人だかりのできている場所があります。その中心には原さんがいます。みんなで作った極上の野菜を使って原さんが何をしているかこの後に食育をテーマに講話を担当する原さんにバトンタッチします。原さんよろしくお願いします。



さて前置きは終わりましてここから本題に入ります。

この斜面育苗+テラプレタづくりと平行して計画中のものが例の石窯づくりです。
火を囲む会のメンバーで何度か話し合いをしてたどり着いたのが
連続燃焼方式の石窯です。
実はまだそれだけしか決まっていませんが8月中には着工したいと思っています。
8月8日の収穫祭の日に石窯・年間計画を発表します。


斜面、寺プレタ®、笹戸カントリーファーム(SCF)、連続燃焼方式の石窯からなる夢の国
それが、YUSSIELANDです。
[PR]
# by m-easy | 2010-07-16 18:16
天野敬一さんからシイタケ管理続きを教わりました
たけうちです。

今日は旭の話です。

昨日、天野敬一さんが旭の東萩平に来られました。
シイタケ管理の方法を教わりました。

まず横積みしていたシイタケ原木を見てもらいました。
心配されていた雑菌は思っていたほど繁殖していなかったようで、無事にシイタケの菌が回っているようです。
黒いこんにゃくのような菌や黄色い菌が出ているとよくないようです。少しだけありました。

雑菌が繁殖しないように、風通しのよい環境で早い内に鎧伏せという組み方にしたほうがよいとのことです。
風がよく通るように下草も綺麗にした方がよいそうです。

組むときは原木の天地を返して積み、8月になったらまた天地を返すそうです。


というわけで、昨日の夕方と今日の午前中の間にシイタケの原木は全部鎧伏せにしました。
ナメコもした方がよいということだったので、ナメコも完了です。

時々原木から芽吹いているのがありましたが、天野さんが言うとおり、確かにそういうのは菌の回りが遅いように見えました。

で、そのシイタケの収穫は2年後です。


ヒラタケも見てもらいました。ばっちりくっついています。こちらは早く収穫できるので楽しみです。
また作業のタイミングになったら教えに来てくださるそうです。ありがたいです。



余談ですが、ナメコの原木の下にそこそこ大きなヒキガエルがいました。上海崇明島にはうじゃうじゃいましたが、日本ではめったにお目にかかれないです。
ちょっとテンション上がっちゃいました。もっと増えないかな。
[PR]
# by m-easy | 2010-07-07 10:52 | たけうちのささやき
ツバメと仕事
たけうちです。

先週の土曜日の話です。

小雨降る中、1日中常滑の畑の草刈をしていたのですが、楽しいひとときがありました。

草刈をしていると、身体の回りを2,3羽のツバメがぐるぐると旋回するのです。最初は我が家から巣立ったツバメが顔を覚えていて遊びに来てくれたのかな、天気が悪くなるとツバメが低く飛ぶというのは本当だな、とか考えながら見ていました。

小一時間も近く(最短1m)を飛び回るので横目でちらちらツバメの動きを見ながらの草刈を楽しんでいました。

じっくりツバメの動きを見ていたら近くを飛ぶ理由がわかりました。

草を刈った瞬間、草むらから蛾や小さい虫がひょんと跳び出してきます。その跳び出した虫をツバメが滑空してきてひゅっと食べるのです。

だから近い。草刈機の旋回半径なのだから。

それに気づいてからはツバメとお仕事です。
虫を追い込んで草を刈る。虫を跳び出させ、そこをツバメにパクつかせる。

あまりにたくさん食べるので、重くなって飛べなくなるのではないかと心配したほどです。

給油している間にいなくなりました。満腹になりましたか。
[PR]
# by m-easy | 2010-07-06 21:08 | たけうちのささやき
梅雨真っ只中
ただいま梅雨真っ只中の旭地方の春です
毎日のように雨が降り たまに太陽が顔を出しても降った雨が温められて蒸し暑い
そんな中 今日の作業は
収穫!

ズッキーニとキュウリを採りました
キュウリは初収穫 四葉 加賀節成です
四葉は表面の凸凹が深く 濃い味で
加賀節成はみずみずしい
どっちも美味でした

ではでは~
[PR]
# by m-easy | 2010-06-27 21:20
ズッキーニ
山田です。

いまズッキーニがとても元気です。
ウリハムシにめげずにどんどん実をつけています。
葉っぱもずいぶん大きくなって、志波くんは帽子にしています。
自分もかぶってみましたが、不思議と涼しいのでした。
a0041642_1327929.jpga0041642_13293391.jpg
[PR]
# by m-easy | 2010-06-25 13:33
KGB
たけうちです。

常滑の畑でチャコウラナメクジが大発生していて困っていましたが、今日はなんと念願のナメクジの天敵、コウガイビル(KGB)がナメクジの群れに2匹いるのを発見しました。

知多自然観察会の降幡会長の畑にはKGBがたくさんいるとのことで、それも分けてもらえそうです。

なんとかナメクジの数が収束していくのを期待したいです。
[PR]
# by m-easy | 2010-06-24 20:34 | たけうちのささやき
いのしし
こんばんはMGです040.gif
投稿が随分遅れてしまいました。
先日はご近所さんに猪(約50KG)を丸々頂きました035.gif
頂いた命、血の一滴も無駄にしないように美味しく美味しくいただいています。

解体作業はあまりにも怖いのでカットです061.gif
レバーや心臓もとても綺麗な味でGOOでした049.gif

硬い部分はミンチにします

a0041642_22354045.jpg


玉ねぎ・ニンジン・セロリなどの香味野菜をしっかり炒め
しし肉をどっさりいれて強火でしっかり焦げ目をつけます
赤ワインをたっぷり入れて強火でしっかりと煮詰めます
トマト缶×2を加えてぐつぐつして完成です

a0041642_22391076.jpg


明日は猪ミートソースパスタ or 猪のラザニアです011.gif
里山には都会では味わえない興奮がいっぱいです071.gif
[PR]
# by m-easy | 2010-06-23 22:43
16日~18日の男
みなさん こんにちは 毎月16日~18日の男 ユージー松尾です

今日は2点報告があります。 

1つ目の報告・・・火を囲む会として豊田市役所旭支所へ申請していたわくわく事業の「石窯づくり事業」の審査が終わり無事認められました!!

前日の深夜2時まで準備して、当日のプレゼンテーションで堂々と発表してくれた春ちゃん、どうもありがとう。パワーポイントの操作をしてくれた伊藤君にも感謝しています

月曜日に早速 「石窯づくり 早わかり」という本を買ってきて石窯づくりの勉強を始めました。今後火を囲む会の会員みんなで相談して石窯の設計を始めたいと思います。
(※火を囲む会は随時会員を募集しています)

松尾ファーム(平地)のトマトも来月には収穫できると思うのでこの石窯が完成した暁には松尾ファーム(平地)の野菜を使って極上のピザを作りたいです。


松尾ファーム(斜面)でも初めての収穫物が取れました。

a0041642_2241147.jpg
a0041642_22413185.jpg
a0041642_22414223.jpg


これは赤花絹莢エンドウです。実験中の斜面に時期はずれに植えたのでエンドウのシーズンが終わりそうな今ようやく取れました。

斜面で作ったのでしっかり根が張って極上のサヤエンドウができたと思っていましたが、試食してみたところ味はいたって普通でした。苦労して何回も斜面を登ったり下りたりしたのに・・・でも今回は水も肥料もやらない自然農法で作ったのでこんなものかなという気もしますし、ちょっと収穫するのが遅れて豆が大きくなりすぎたのも原因かもしれません。エンドウだけでなくソラマメ、キュウリ、トマト、メロンも斜面で実験中です。


2つ目の報告です。来月7月14日に福蔵寺で午後2時から「2010年私の農業マニフェスト」を発表します
詳細は こちら をご覧ください。

a0041642_23144579.jpg


この日は中央奥のジャガイモが他のものに比べて良く育っている理由や松尾ファーム(斜面)の実験結果なども話す予定です。


では来月また16~18日にお会いしましょう。
[PR]
# by m-easy | 2010-06-16 00:02
おそくなりましたが、
たけうちです。

書くのが遅くなりましたが、5月31日付けでプロジェクトメンバーの1人である伊与田友也くんが家庭の事情により脱退しました。
旭の生産はそのまま残った9名に託されることとなり、販売でアルバイトをしていた松下幸祐くんが豊田の物流担当としてプロジェクトメンバーに入りました。

以下、メンバーからのコメントです。


9ヶ月という期間ではあったけれども、一緒に過ごした仲間が去るのは寂しいものです。彼の分も頑張っていければ良いと思います。地域の方々に心配をかけぬよう、9人でもやっていけるんだと元気な姿を見せるためにも気を引き締めて作業したいです(渡辺)

ライバル:伊与田くんとは今後は良き競争相手としてお互いに切磋琢磨していきたいと思います。(松尾)

いろいろありましたが、それはみな同じことです。9ヵ月間、共に苦難を乗り越えてきたプロジェクトメンバーとしては、とても残念であり淋しいです。伊与田くんにも無念な気持ちがあると思うので、残りのメンバーと、これから加わるメンバー10人が力を合わせて、伊与田くんの分まで頑張りたいと思います。伊与田くん、お疲れ様でした。そして有難うございました。(原)

伊与田くんの送別会で男子たちの食べ放題の様子を見ているのがおもしろかった。カラオケでいつもと違う一面を見れたりして楽しい時間を過ごせた。10人で良い思い出が作れて良かった。(北原)
[PR]
# by m-easy | 2010-06-12 06:41 | たけうちのささやき
恵みの・・・
ども ただいま現代農業で勉強中の福蔵寺の春です
今日は久しぶりに雨が降りました 一体何日ぶりなことやら・・・ まさにタイトルどおりの雨!
・・・・・・と言いたいところですが 実は素直に喜べません
今日はナベさんとサトミさんが朝の6時から水遣りをしてくれていたんです
広い畑 動力噴霧器を使ってさえとっても時間がかかります
ようやく終わった・・・長い戦いだった・・・・・・
きっと二人はこのように安堵した事でしょう


そこに雨



今日の教訓
まぁ 自然なんてこういうものです

[PR]
# by m-easy | 2010-06-08 15:44
サツマイモ畑
最近サツマイモの苗が届いたので植えました。

写真にある畑で苗を850位植える予定で今現在700植わっています。

残りの苗も明日には植わる予定で畝も完成しています。

さて収穫量はいかほどに・・・
a0041642_19511324.jpg

[PR]
# by m-easy | 2010-06-03 19:52
訃報
竹内です。

先日、段戸の炭やき、斎藤和彦氏が亡くなりました。

今まで大変お世話になった方です。いろんなことを教えていただきました。

そしてとても夢多き人でした。多くの夢と宿題を私たち若い人たちに残していかれました。

田舎をめざそうプロジェクトを通して中山間地が元気になっていくところを見て欲しかったのですが、それが実現できず悔いが残ります。

4月にお見舞いに伺ったときに「こんなじゃ竹内君に笑われてしまう」と言っていたのが最後に交わした会話でした。
こちらこそ、これから斎藤さんに笑われないようにがんばらなければと思います。

斎藤さんのご冥福をお祈りします。
[PR]
# by m-easy | 2010-05-31 23:55 | たけうちのささやき
旭のマルシェ!
 こんにちは 今回は期限が間に合った春です
 昨日5月25日に近所の笹戸カントリーでマルシェが開かれました
 マルシェというのは・・・・・・どこかの言葉で市場といういみらしいです
 我々も収穫したばかりのニンニクの芽や掘りたてのたけのこ(ハチクです) 初めて育てた苗等を持って参加しました 以下がその様子です

More
[PR]
# by m-easy | 2010-05-26 17:24
アルバム
こんにちは、EMです040.gif
投稿が遅れちゃいました。ごめんなさい・・・。
今回はプロジェクトが始まってからのアルバム特集です。
皆もたまっている貴重映像があればドシドシどうぞ。

NO.1
去年11月くらいかな? 常滑でご馳走です♪ 皆若くみえますね。
a0041642_23444826.jpg

NO.2
竹を使ったテント作りも頑張りました。時間との戦いです。
a0041642_2345273.jpg

NO.3
長久手で開催された「なごやか市」にも参加しました。
葛根チャイや鬼まんじゅうなどを販売して大いに盛り上がりました。竹のテントがすごかった。
a0041642_2348945.jpg

NO.4
ご近所の皆様から堆肥やマルチ用にワラを頂いて干しました。
a0041642_23485550.jpg

NO.5
草刈ようのサングラスは農ファッションの必需品です004.gif
a0041642_23513937.jpg

NO.6
こんなんでました。サービスです053.gif
a0041642_23523164.jpg

NO.7
初めて使用する耕耘機にはとても興奮しました。すごいパワーです066.gif
a0041642_23533416.jpg

NO.8
食事の時が一番良い顔しています。食べるために生きます068.gif
a0041642_23554372.jpg

NO.9
EMはいつも農業の事で頭がいっぱいです027.gif
a0041642_2356441.jpg

NO.10
旭の希望です。
a0041642_05792.jpg

[PR]
# by m-easy | 2010-05-25 00:06
Yussieland
どうも、お待たせしました 16日~18日の男 Yussie松尾です

今日はYussielandについてのお話です。Yussielandは東萩平公民館西に位置する世界最小の王国で領土は松尾ファーム(平地)一帯です。隣接地には石窯ができる予定です。

先月お話した石窯の件ですが、今月22日に豊田市のわくわく事業のプレゼンテーションが開催されます。
この選考に合格すると石窯プロジェクトが無事に動き出すという大変重要なものです。この大仕事を「火を囲む会」のメンバーの春ちゃんにお願いしました。春ちゃんを信じて結果を待ちましょう

a0041642_0565770.jpg



その石窯設置予定場所の隣では松尾ファーム(平地)に野菜の苗たちが順調に植え付けられています。
ここの畑のコンセプトはずばり、ピッツァ&BBQ用の野菜とウリ科のスイーツです。

a0041642_0574536.jpg


具体的な品種名は5月18日現在で、ジャガイモ(キタアカリ)、ズッキーニ(固定種、グリーンエッグ、ゴールディー)、エダマメ(サッポロミドリ)、小玉スイカ(紅こだま)、スイカ(嘉宝)、ゴーヤ(沖縄純白、沖縄中長)、マクワウリ(甘露)、キュウリ(青大)、ニンジン(ベーターリッチ、ミニキャロット)、サンチュ(チマサンチュ)、ラッカセイ(千葉半立性)、トウモロコシ(ハニーショコラ)、オクラ(島オクラ、エメラルダ)、レタス(マノア)、チャービル(不明)です。

今後、トマト(ルネッサンス)、ミディトマト(フルティカ)、ミニトマト(ミニキャロル)、ルッコラ(ワイルドルッコラ)、バジル(スイートバジル)を順次植えつけていく予定です。順調に育てばここで収穫した野菜を使って極上のピッツァを焼きたいと思っています。

夏は旭も暑いので日陰用にひょうたん(千成ひょうたん)も用意しておきます。また腰を下ろしたり寝転んだり、パターの練習ができるように芝(TM-9、ケンタッキーグラス)も植えたいと思っています。

どうですか夏になったらYussielandに遊びに来たくなったでしょう?
8月にはBBQとピッツァパーティーを企画しています。新品の石釜を用意して待っていますので参加希望者はご連絡ください。


それではまた来月の16日~18日にお会いしましょう  by Yussieland 国王 Yussie松尾
[PR]
# by m-easy | 2010-05-18 21:49